かわづの遠足

和束町がカエルで盛り上がってきたようです。
しがらきのお隣の京都府和束町。(わづか)

一昨年より「わづかのかわづまつり」が開催されるようになり、
当社も(レディース)参加させていただいております。
それがキッカケで、
いち強烈なカエラー女子の想いで
来週また、イベントが開催されるようです。
かわづの遠足

私の乏しい理解力から単刀直入に言うと、おそらくカエラー達からのまちづくり。
素晴しい企画と思います。

和束町と言えば私の情報として。
お茶、インバウンド、マウンテンバイク、◯リゾート参入など・・その他・・

そこに+カエルと言うキーワード。

カエラーって。
カエラーが集う所に絶対集まりはる。

そして、そのカエラーの発信力はスゴイ。

そんなこんなで当社も必要ならばカエルの事なら
出来る限り応援したいと思っています。


あと、
(ちょいと画像をお借りいました。ごめんなさい。)

私「安蛙」個人的に絶賛!賛否両論あるかも??
「かわづのしょんべん」

ですが、こういう発想は個人的に好きです。
a0181120_01265723.jpg

[PR]
# by kaeruyasun | 2018-03-03 01:40 | ご紹介

第1回 蛙びとの集い (冬の陣)

ご案内出来なくて大変申しわけなかったです。

本日、2月4日(日)大阪南港ATC O'Z棟南館2F 革工房イドスブランコさん前
にて、「第1回 蛙びとの集い」 (冬の陣)が、開催され、
参加して参りました。

となりの人間国宝さんけろったさんからご案内を頂き、是非是非!
カエラーさんの繋がりはスゴイですし、ありがたいです。

前日、少し呑みすぎて、朝目覚めると、6時30分。。!。「ヤバイ!寝過ごした〜」
下道で行こうと作戦を立ててたのだが。。仕方なく、、信楽ICから高速で・・
トホホ・・・・?

何とか間に合う。ホッ。
少し、頭が痛い。。「自業自得や”」

展示場所の什器などはインドスブランコさんからお貸しいだだけるとのことで
事前にくじ引きで、什器の画像は頂いているので事前にレイアウトなどの
段取りが出来てありがたかったし、必要以上の荷物もそれなりにおさえられた。
ありがたかったです。

スタッフの方にもお手伝い頂きながら準備完了!

a0181120_00331393.jpg
カエラーさん達との久しぶりの再会など、で話が弾む。

a0181120_00332057.jpg
a0181120_00334011.jpg

a0181120_00332799.jpg
今回の展示でありがたかったのはこの棚?引っ掛けるヤツ?。
鉄なのでマグネット類がヘバ付け(くっつけ)やすかった。

小棚は以前に100均で買ったのを思い出し、
ネットで大量に買ったのだが、、
板がメッチャ硬かったので、画鋲が刺さりにくかったので往生した。
会場のオーナーさんが、ネジで止めはったら?インパクトとか何か必要な物があれば言ってくださいね。と、めっちゃ親切して下さった。おまけに照明もご用意してくださった。親切な方だった。ありがとうございました!

そして、お隣は「かえる堂」さん
カエルのガチャや、アクセサリー、雑貨、色々な面白い物がある。
色々、細かい事などお話させていただいた。お世話になりました。

そして、もうひとつのお隣さんは、「もとち」さん。
最初お話していて、笛(口で吹く)の作家さんと思っていたのだが、
展示の看板を観ると。。「鼻笛」と書いてある?
エッ・?鼻笛?
鼻?
先程から知り合いのカエラーさん(STAFF)の方がずーっと鳴らしてはる。。?
エッ・さっきから鼻で鳴らしてはったんですか?

そうですよ。。

エッ?鼻笛って。。?
50年生きて来て初めて聞いたフレーズだった。

初ものとなると、私(永遠の中学二年生&50才児)の好奇心が、絶好調になる。
色々お話、質問させていただいている中で、
キッカケ。それに対する想い。その他の作品のマラカスの事など、、
興味深いものであった。
「鼻笛」でググってみてください。
ワークショップとか絶対おもしろいと思う。。
ちなみにこちらでご覧、拝聴下さい。鼻で吹いておられるんですよ。

そして、お向かいの出店者さん。
信楽と言えばやっぱし、タヌキ。
カエルとタヌキのコラボの「ケロポン」を観て。興味ありげに・・
「かわいい〜ですね。。」・「ありがとうございます!」

a0181120_01133883.jpg
「私、タヌキって言うんです。」ココでもまた、「エッ?」
いきなりだったので、心の整理がつかず。
?・名刺をいただくと。。
「ほんまにたぬきさん」だ。
(あえて漢字は控えておきますね。)
スゲー!。信楽(しがらき)に帰って言おう。。って思った。
色々お話させていただくと、タヌキって置き物が多くて、
かわいくて何かに使えるタヌキがないんです。との事。。
ん〜。使える(ツカエル)カエルを求めている私にはものすごく、わかる。
で、こんな感じのタヌキをと、イラストに書いてご提案を頂いた。
「私。タヌキ好きなのでしがらき応援しています。」とこ事でした。
うれしい限りでした。
がんばろうぜ!しがらき!


そして、今回も地元の友人が駆けつけてくれました。ずーっと
カエルのイベントを気にしてくれてた友人で、「一回行ってみたい」との事で、
今回、お初となりました。たぶん、驚かれたとおもいます。。。
わざわざ来てくれてありがとう!
こうやって、毎回カエルイベントに参加させて頂いているけど、
必ず、地元の友達が来てくれて本当に心強くて嬉しいです。


ここ最近、関西でもこうやって、カエルイベントが活発になってきて
本当に嬉しい。
こうやって、がんばってくださって頂いている方々に本当に感謝申し上げます。
今年、当社も父が窯を築かれてありがたい事に蛙一筋50年を迎えます。

おこがましい事ですが、「継続は心なり」で、
がんばりたいと思っています。

オット。今日、美人カエラー姉妹からの差し入れ頂きました!
早速、おつまみにいただきまーす!
焼酎お茶割り。。!
a0181120_01500243.jpg

南港から臨む。サン&サンフラワー
a0181120_00334603.jpg




[PR]
# by kaeruyasun | 2018-02-05 02:14 | ご報告

信楽セラミックアートマーケット&和束のかわづまつり

今年も信楽セラミックアートマーケット2017そして、和束のかわづまつり
ご来場、ご来店頂きましたみなさまありがとうございました。
また、それぞれのイベント設営、運営下さったスタッフ関係者のみなさま
本当にお世話になりありがとうございました。
また、出店者のみなさまおつかれさまでした。

さて、さて、
筆者である安蛙は今年も和束のかわづまつりに行けず。。残念。
しかし、絶対関わりたいので今年もシクヤレディース(私の姉)が参戦してくれました。。
今年は天候も良かったみたいですね。
昨年に比べ、一層出店者やカエラーで賑わったように
聞いております。
和束と信楽はお隣で、本来なら車で約30分で行き来、できる所です。
しかしながら、しがらきの大動脈である道は国道307号線一本だけで、
イベントするとすぐ渋滞するのです。
なので私も本当はこちらは少しの時間だけ友人にお店番をお願いし、和束会場の蛙作家さん達にご挨拶だけでも行きたいのですが、渋滞で時間が読めないのです。
ほんと、ごめんなさい。
厚かましいけれど、出来れば2日間開催にしていただければめっちゃありがたいです。
宿泊など、もあるし、地域の活性には少しいいかも。。って思います。
運営側からしてみたら大変なのは解ります。
でももったいない。。是非来年は2日間開催に!

さて、ここからは安蛙本人の個人的な報告となります。
セラミックアートマーケットin陶芸の森
前日準備で雨が降るのは私的に初めての経験です。
開催中に降るのはよくあることですが、、
初日、足元悪し。。。大変でした。
しかし、会場スタッフのみなさんの配慮で、年々、雨対策は向上しています。
ありがとうございます。

毎回、新作をと思い近々になり制作するも、
窯の温度計が壊れたなどのトラブル発生。
何でこのタイミングで。。。トホホ。。。
もっと余裕をもって。。って神からのお告げかな?

今年も友人やいつも覗いて下さる
みなさまとのやりとりは本当に楽しいし、作品、商品制作のヒントになります。

今年も色々な出会いがありました。
お隣、近隣ブースの方との交流など、

そして、このブログで何度か紹介している、
いつもは春の作家市でお手伝いして下さっている
最強の助っ人。わかちゃん店長さん
が最終日来てくれました。
また、写真撮るのわすれました。
今年も来るなり、
「新作はどれ?」と一通りの説明をさせて頂き、
彼女が一応?メモをとる。。
そして、持参のエプロンをし、「いらっしゃいませ〜」
「どうもありがとうございまいた。お気をつけておかえりくださいませ〜」
と、、
また、今年は展示の仕方にもご指摘をいただきました。
恐るべしわかちゃん店長さん。
今年は撤収までパパさんとお手伝い頂きました。
いつもありがとう!

そして、いつもいい写真を
撮ってくれる友人が今回も撮ってくれました。
専属カメラマン「てり」と「はるまき」女性。。。
今回は「はるまき」

a0181120_23315514.jpg
ヌードルウェイト

a0181120_23313867.jpg
アルビノ。
バジェットとツメ蛙の区別がわからないので、、一応ツメのアルビノのつもりですが?。写真手前。二匹。

a0181120_23323387.jpg
新作、おったまげじゃくし。
目、唇、アゴ、特徴をもつ友人たちを極端に想像して制作しました。
実際におられるのですが、さすがにモデルとなった友人の紹介は??

a0181120_23321233.jpg
ヤドクガエル。

a0181120_23331970.jpg
昼寝ガエル。


a0181120_23334575.jpg
安蛙は食器は苦手。
ロクロも引けません。が、チョット挑戦してみました。
冷酒グラスと受皿。
a0181120_23341828.jpg
たぬきとカエルのコラボのケロポンはすでにご存知と思いますが、
その奥のリアル系のヒキガエルを作りました。
しかし、搬入時に後ろ足の指が何匹か折れてしまってました。

a0181120_23325673.jpg
友人のたっくんから頂いた看板。彼の手書きです。
(Photo:はるまき)

あっ。それと、、
11月7日セラミックアートマーケット初日の事なんですが、
初日、疲れて、帰宅(家にカエルと)
何やら茶色い物体が。。。
思わず安蛙「ギャ~」と。。ほんまに声が出た。
a0181120_23540521.jpg
おいおい、ヒキガエルさんではないか。。
こんなの初めて。。地元信楽では珍しくないけど、うちで見かけるのは初かも?。
実は安蛙は生蛙がほぼ苦手なのである。
恐る恐る「動かないでくれ」と、彼?彼女?
を跨いで玄関へ。

家の玄関にたどり着き。ホッと心臓のドキドキ間をなだめる。
しかし、珍しい事なので再度、スマホをもち、恐る恐る
撮影に挑戦する。
ほんの数秒の事だが、
うちのカエルさんの前で居座っているではないか、
a0181120_23585908.jpg
a0181120_00001254.jpg
実は、この上に外灯がある。

正直、どっか行ってくれと思うけど、
興味あるから恐恐毎晩覗きに行っているのである。

妙なめぐり合わせである。

しかし、昼間はどこにいるのかな?
今現在、覗きに行ったが今宵は居ない。
少し寂しいように感じる。



[PR]
# by kaeruyasun | 2017-10-11 00:28 | ご報告

第16回 松本かえるまつり 2017

6月周辺は蛙屋さんは少し忙しい。。?(4月くらいから)
大阪天王寺堀越神社 蛙祭の興奮冷めあらぬうちに松本かえるまつり。。
イベントごとに新作をつくらねば。。。と、安蛙奮闘!松本かえるまつり前々日まで窯焚き。。
毎年の事なんですが、、?(今後は余裕をもって・ですよ)

そして金曜(前日)の夜20時30分に信楽町(しがらき)を出発。
下道で、、今回は関ヶ原から高速に乗る。
(※国会議員さ〜ん!過去の休日高速1000円にしてぇ〜)
いつも通り、みどり湖SAで車内泊。いつものパターンだ。
そして、受付時間前に会場入り。

a0181120_00100736.jpg
今年もお世話になります!

そして準備にかかる。。
a0181120_00255010.jpg
お隣は久しぶりにくされ縁?の月蛙工房、(石野さん
私と初出店が同じでめっちゃいいひとで実はスゴイひとだった。
今年もお久しぶりですと固い握手。
お隣が超知り合いなので安心。
と、思いきや。そのおとなりは銀蛙屋TaBoo925さん
この会場、知ってるひとだ。
HANAOTTO DESIGN SEREVICEさん
蛙庵さん
タゴキチさん
まりべあんどれのゆかいな仲間たちさん
商店街筋では
ゴジの革屋さん
T's Favoriteさん
驚いたのが
RANA Glassworksさん、山口県から、、エッ?・・以前はもっと近かったのでは?
引っ越されたそうで、、お疲れさまです。

ごめんなさい、もっとご紹介したいのですが、きりがないです。

えーっと、
初日はとりあえず暑い。天候良すぎ!
車中泊だったので睡眠不足な中年の安蛙にはキツイ。
そうこうしてるうちに
すでにカエラーさんがぞくぞくと。。
お久しぶりの方達とのしばしの会話。ホッとする。やっぱいいよなぁ〜。
a0181120_01351383.jpg
そして、私の地元、信楽(しがらき)から友人が来てくれた。毎年ありがたい。
工事渋滞で6時間かかったそうだ。
もうひとつの信楽チーム達は長野県を観光しているようだ。おーい!
バテバテの中、一日目終了。
撤収は友人が手伝ってくれた。ありがとう!
そして、夜は信楽チームで松本市内で乾杯!
a0181120_23453960.jpg
安蛙だけに。。(やっちゃんさんには入ってないです。)次回は行きます・・
そして、毎年必ず行くお店に。。
でも、いっぱいで入れないようなだが、せっかくなので直接ご挨拶だけ・・
毎年の会話「今年もその季節ですね。」と。。でも残念ながら「せっかくなんですが今いっぱいなんです。ごめんなさい。」と、奥さまが申しわけなさそうに・・全然大丈夫ですよ。覚えて下さってるだけでもこちらは嬉しいんです。
来年も必ず行きます!
そのお店を紹介したいのだが、これ以上いっぱいになるとイヤなのでひかえておきます。



そして、翌日、二日目、最終日。
前日と比べ過ごしやすい天候だ。
そして、地元信楽から前日観光チームも会場に駆けつけてくれた。
a0181120_00023814.jpg
ちなみにそのひとり、
写真(真顔たかはし。地元信楽の陶芸作家高橋由紀子氏)この後、そばとスイーツを満喫されたそうだ。

そして、続々とカエラーさんとの交流。。
中に。おや?・・
お客さんが一平くんのぬいぐるみ。。
お腹にサインが。。?
「それ誰のサインですか?」と問いかける。
「一平くんにサインしてもらいました。」とのこと?
「エッ?一平くんサインできるの?」
「はい、してくれましたよ」
そうこうしているうちに一平くんがうちのブースに。。
a0181120_00255805.jpg
「一平くん久しぶり!。サインしてくれるの?」
一平くんうなずく。。
ウチの商品を渡すと、、、マジか?
器用にサインしてる。。

a0181120_00203950.jpg

a0181120_00215318.jpg
ハイ!これ!
一平くんにサイン頂きました。
家宝です。
次回から看板に使わせて頂きます。
恐るべし、一平くん。

そして、女性のお客さまが、、
ベルツノガエルを。。マジ?
生ガエル。
a0181120_00264320.jpg
その子にうちのベルツノ君を紹介しました。
チョット、反応してくれた。
だんだん、うちのベルツノの方へ方向転換してくれた。
そして、そのお客さまのリュックが何やら不思議なリュックで。。・
「これ何か入ってます?」
「ハイ」と
私にリュックを。。
何かいる。
「見えます?」
「うん、何かいます。これ何ですか?」
何か動いているではないですか。
と、、な、なんと。
ハリネズミ。。
それも2つ?2人?2匹?。。
私の思い付きで
ここに入ってくれますか?・・と、
お客さまが快く・・
a0181120_00321185.jpg
こんな感じで、、、
かわいい。。
触ったら痛いのかな?
って思ったけど、トゲはそんな事なかったです。
ちなみに男の子と女の子です。
こんな貴重な体験も・・あり~の。

そして、地元の友人(写真提供)の実家がたまたまご近所なんです。
で、ここ数年、その友人のご家族や姪っ子さん達も
来てくださいます。
a0181120_00475491.jpg
うちの商品(開いた口がふさがらん)に併せてくれた・・
ゆきちゃん・・
すっかりおねえちゃんになった。
そして妹のふーちゃんも大きくなってる。。
a0181120_00521478.jpg
私の思い付きで、、うちのブーツ花瓶履けるかな?って。。
履けた〜。でもその長靴は陶器なので重いよ。
ちなみにおねえちゃんのゆきちゃんは花瓶が小ちゃくて履けなかった。
残念。
ちいさなカエラーさん。また増えましたよ。

ちなみに、おばちゃん(友人)。おばぁちゃんもすっかりカエラーさんですよね?
たぶん。


長々となりましたが、今年も楽しい2日間でした。

いつもいつもスタッフさんや色んな企画を運営して下さっている関係各位のみなさま
に心より感謝申し上げます。そして、世界のカエラーさんにも・・
まるでカエルのディズニーランドに行った2日間でした。
また、来年!

うち(Made inシクヤ製陶所)のカエル君たちがナワテ通りにも・・
カエル大明神の中にも2体奉られています。10号,13号蛙
その他こんなところにも
a0181120_01034409.jpg
13号蛙
a0181120_01051074.jpg
「おそば屋さん」10号ひねり蛙

a0181120_01040426.jpg
a0181120_01102318.jpg
みなさまに感謝。しかないです。

[PR]
# by kaeruyasun | 2017-06-21 01:34 | ご報告

蛙祭 堀越神社

過日、5月21日(日)今年初となる大阪での蛙祭
に参加しました。
a0181120_00351881.jpg

4月5日に突然のメール。
かえる作家友達のまりべさんから。。
大阪で蛙祭を開催しますとの事。。「大阪の人にシクヤさんの信楽焼蛙を連れて帰ってほしいです」とのメール。めっちゃ嬉しい。
即、参加したいとの返信。

そして、翌日。
とある団体から案内状が届く。
本来ならこちらに出席をしなければいけない大切な行事の案内状。
本当に申しわけなかったのですが、
これも何かの縁。

一日違いで蛙祭をとりました。

ネットで地図で堀越神社までのアクセスの検討。
おや?、、どうやって行けばいいのか?
当然高速優先だが、ん〜。経費をカンガエル。
大阪に詳しいひとに色々安くつく交通手段などを聴く。
そこで結局私が下した結論。下道で行こう。
予定では3時間弱。
当日、朝6時30分に信楽を出発。
順調に行っている、、カーナビでは1時間くらい早く付く予定。
余裕のやっちゃん?だったが、、
さすが大阪の都会。
堀越神社がみつからない。
迷って、迷って、ようやく見つけたが、、通りすぎてしまった。
でも、田舎と違い、Uターン出来ないのでぐるりと周る。
で、ようやく到着。
少し会場を下見。すると、、オット。蛙庵さんだ〜。
「お久しぶりです!」と挨拶。
「蛙庵さん。道ややこしくなかったですか?」
「電車で来ました。。。」
「エッ?荷物は?」
「コレです。」。??スーツケースひとつ。。
これで収まるのか。。。手先も器用でスゴイが収納力もスゴイ。と驚き。
「受付まだなのでちょっと散策してきます。」との事。

私は少し車内で朝食をとり、ホッとする。
そして、受付開始の9時30分、車から降りて受付に向かうと、
どう観ても服装が関係者的な女性が、、どこかで見たことある方だ。
タゴキチさん
「おはよーございます!」「おはよーございます!」
「出店者さんですか?」と尋ねられる。
「ハイ」
「今日はよろしくお願いします」とお互い。

そして、搬入。準備。
すでにカエラーさんらしき方々がおられる。

天気予報では夏日、、。
でも境内は木々に覆われて世間よりだいぶと涼しい。良かった〜・

12時スタートに併せて何とか間に合った。
a0181120_00350227.jpg
a0181120_00332806.jpg
続々とカエラーさんが。。
必ず、ファッションのどこかにカエルがヘバ付いている。
Tシャツ。カバン。バッチ。キーホルダ。帽子。ぬいぐるみを抱いている。など。。
どこかに必ず、アピールされている。
a0181120_00401075.jpg
(ちなみにコレは私のリュック)

私的に言うと、地元で参加させてもらっている、イベントの対象者は陶器を求めて来られる方がほとんど。
しかし、カエル祭りと名うつイベントでは
カエルを求めて来られる方が大半なのだ。。

カエル歴49年の私より、当然、カエルの事に詳しい方がおられる。
(私が生まれた時からカエル屋なので一応)
恐るべしカエラー。。
a0181120_00334289.jpg

地元の友人も駆けつけてくれた。
a0181120_00343822.jpg
そして、久しぶりに親戚と再会。
a0181120_00472308.jpg

楽しい一日だった。

絶対。来年も開催してほしい。
主催者さん。神社関係者さん。本当にありがとうございました。
そして、カエラーさん達がいるからこそ、、、です。
a0181120_00341901.jpg

感謝!

(Photo:teri)



[PR]
# by kaeruyasun | 2017-06-03 00:57 | 日記