カテゴリ:日記( 17 )

カエル(吾輩)の誕生日

先日、私の誕生日でした。

仲間たちが祝ってくれました。
実は、全く知らされておらず、あまりにもサプライズ過ぎて、
リアクションに困りましたが、感激!

a0181120_3391084.jpg


ケーキ制作:海のさちさん
ケーキ皿:奥田文悟氏(伝統工芸士)
場所:ダーツ バー・テレマカシー


a0181120_3485414.jpg


その他、ある友人からは採れたて自家製の野菜が届いた。
この写真の数倍はあった。ピーマン。唐辛子、茄子、かぼちゃ。オクラ。
誕生日プレゼントに野菜って・・
数日前に、ピーマン欲しい。って言ってたのを覚えてくれていたようだ。

感謝、感激のひとときであった。
みんなありがとう!
そして、亡き母よ、ありがとう!
[PR]
by kaeruyasun | 2012-09-11 00:47 | 日記

今日は何の日?「カエルの日」

今日、6月6日は「かえるの日」なんです。

a0181120_23342146.jpg

で、カエル君たちを並べてみました!

6月はかえるの日にちなんで(どうかわかりませんが・・?)
各地でかえるにちなんだ催しが開催されます。

その中のひとつ、「松本かえるまつり」に今年も出店させていただきます。今年で私は2回目の出店となります。
現在、かえるまつりに向けて、作品を制作中です。
今年もたくさんのカエラーさんたちとお出会いできることを楽しみにしております。
また、あらためてご案内しますね。

それと、6月16日(土)、「藤森手づくり市」に出店させていただきます。

早速、チラシに載せていただきました。ありがとうございます。

6月の藤森手づくり市は藤森神社の「紫陽花まつり」期間中だそうです。

紫陽花にはカエルが似合うような気がします。

是非、お立ち寄りください。
[PR]
by kaeruyasun | 2012-06-06 23:37 | 日記

第2回T・E・I・B・A・N-japan classico 展

ご報告が遅くなりました。
「今頃なんやねん!」って
と、言うのも春はなんとなく当社も忙しくなりまして・・って言い訳です。
2月の事ですが、、、第2回T・E・I・B・A・N-japan classico 展のご報告です。

実は、昨年から幼なじみである方からお誘いを頂いていたのですが、
なかなかピンと来なくて出展をお断りしておりました次第で、

で、今回相変わらず幼なじみである親友プラス先輩からも
何度かお誘いを頂き彼らの熱意に負けてしましました。

まず。「何をしたらいいの?」

「仕事場をそのまま持ってきたらいいんちがう?」

実演体験もないし、仕事している一応職人上?、
ひとに見ていただくのもいいかって。熱意と冒険で参加をさせて頂きました。

実は、今回会場に来て下さった方は貴重だったと思います。
当社の工場は二階が制作場となっており、地元のクライアントさんも
めったに作業場には足を運ばれません。
と、言うことは当社に限っては
信楽の方すら制作現場を見られた方はほとんどないのです。
当然、今回一緒に出展したメンバーや友人も・・

ですから、いきなり信楽を飛び越えて、
東京(新宿)にていきなりお恥ずかし事にご披露させて頂きました。

私自身もまだまだ未熟で、「型押し」という技法がこれだと思って頂けるのもお恥ずかしい事ですが、こんな感じでカエルを制作していると思って頂けたら幸いです。

今回。実演とうちの製品をお披露目させて頂きましたが、
皆さんが「これ信楽焼きのカエルですね>」
「うちの庭にもあります。」
「見たことあります」っておっしゃってくださいます。
中にはこのカエルは信楽全体で作ってるんですね。(狸同様)って
思っておられる方もありました。

このカエルは信楽のシクヤ製陶所でしかつくってないんです。

また、狸については各窯元それぞれ違った特徴ある狸を作っておられるんです。

今回の初のT・E・I・B・A・N展に参加させて頂き、
作り手(伝え手)と買い手(使い手)の大きな差を実感しました。

また、今回参加した地元(信楽のメンバー)も私の仕事を初体験したようで、
皆さん、「一応仕事してるんやね?」って不思議がられていました。

次回はまた、違った形でみなさまにシクヤ製陶所のカエルをお伝えできたらと思います。
伝え手がカエル。

今回は自身が制作していたので
制作風景や展示風景の写真を撮れませんでした。

メンバーの「炎の味がま」さんが紹介して下さっています。

あづちゃんありがとう!記事をお借りします!
第2回TEIBAN展信楽 初日

第2回 TEIBAN展「信楽」 ワークショップ編

第2回TEIBAN展「信楽」 番外編
[PR]
by kaeruyasun | 2012-04-23 23:57 | 日記

セラミック・アート・マーケット2011 ありがとうございました!

セラミック・アート・マーケット in 陶芸の森 2011が無事終わりました。
とりあえず、ほっ・・としております。

私は、窯元でありますので、普段はお客様と直接お会いしてお話する機会がございません。
それで、今後のよりみなさまに喜んでいただける作品づくりのヒントにと、
今年より、表舞台へと少しずつ飛び出しております。

今回は、地元でお客さまとお会いする機会は初めてでした。
陶器を良くご存じで、詳しいお客様から様々なご感想をお聞きすることができて、
良かったです。
そして、カエラーさんからも・・
今後の励みになりましたし、もういくつか頭の中で作品ができあがっています。

この3日間、
信楽にお越し頂いたみなさま。
ご来場いただきましたみなさま、
当ブースにお越し頂きましたみなさま。
お買い上げ下さったみなさま。
本当にありがとうございました。

今回は、シクヤ製陶所の商品、製品としての販売商品は
あまり置かせておりませんでした。
私個人の遊び心で作品づくりしたカエルを置かせて頂きました。

おかげさまで、子どもさんには大人気です。
前を通られる方のほとんどが「かわいい〜」っておっしゃってくださいました。
中には、「私、カエル嫌い!」「気持ち悪い」とおっしゃっる方も
お孫さんやお子さんが「カエルさんや〜」と
小さいカエルを見つめていると、
カエル嫌いの親御さん達も次第に・・「こっちの方がかわいいよ」とか
言ってくださり、表情も変わってきます。
カエルってそんなパワーを持っています。

また、「○○さんが来てたら喜ぶやろなぁ〜、あのひとカエル好きやから」とか
確実にカエラーさんは大勢います。

当社の商品や製品も
縁起物としてのカエルづくりも大切ですが、
癒やしの部分も今後大いに必要と思いました。

置物としてのカエルから
日用品の中にカエルが居る、そんなカエルづくりからものづくりも考えて行きたいと思います。

さて、さて、
今回は地元の友人や知り合いが普段の私とちがった、
カエル屋としての私を物珍しげに見ようとブースに足を運んでくださいました。
正直恥ずかしく、事前に義理買いはせんといてね〜
って言っていたのにもかかわらず、購入してくださいました。
確実に友人もカエラー化しております。
ごめんね、そして、ありがとうございました。

(カエラー化している友人、そしてうちのカエルを紹介してくださっているブログ)

準しがらきっ子日記さんのブログ

海のさちさんのブログ

滋賀の食爺さんのブログ

げなげな市さんのブログ

おいしい信楽さんのブログ



今回、置物だけではなく、
実用品として、少し食器にもチャレンジしてみました。
食器に関しては全くの素人でしたが、
色々なアドバイスなどを頂き、
幅広くものづくりをしていきたいと思っていますので、
今後とも、よろしくお願い申し上げます。



PS.私がアイテムとして使用させていただいております、がま口バッグなど・・
良く、そのカバンいいですね。特注ですか?って聞かれます。いえいえ・・
萬屋蛙商店さん(大岩プロセス)。で購入させております。
私のお気に入り、おすすめです〜。





今回のブースの様子を少しご紹介させていただきます。
写メでごめんなさい。



当社で一番大きいカエルを看板に置かせていただきました。
おかげさまでみなさん注目していただきました。
そして、カエルの上に乗って頂き、記念撮影される方も
大勢おられました。
意外と、子どもさんが登ろうとすると、「さわっちゃダメ」って言われるんですよねぇ〜?
で、「乗っても大丈夫だよ〜」って言うと子どもさんは大喜びでした。
中には、大人の方も乗られてましたよ〜
(さすがに、三尺の大蛙も小さく見えましたが・・・?)

a0181120_206549.jpg



テーブルには手作りの小物を並べさせていただきました。
みなさん、「かわいい〜」って言ってくださいました。

a0181120_2072537.jpg



そして、今年の夏に製作して、もう出番がないって思っていた
風鈴たちです。
幸い、3日間暑いくらいでしたのでおかしくは無かったと自分では思っておりますが・・?
また、風通しが良い場所でしたので
なりっぱなしでした。周りの出店者の皆さまには耳障りだったかもわかりませんが、ごめんなさい。
でも、何名か「いい音してるね」ってお褒めいただきました。
そして、ひとりのご婦人がブース前を通られ、なにげに言われました。
「今日は暑いくらいだけど、耳は涼しいわね」って・・
いい表現だなぁ〜って思いました。

a0181120_20144193.jpg



宇治からお越しのご兄弟さんの記念撮影です。
思わず、、「ブログに載せたいので撮らせていただいてよろしいですか」ってお願いして
快く撮らせていただきました。
ありがとうございました。

a0181120_20373852.jpg

[PR]
by kaeruyasun | 2011-10-11 21:07 | 日記

晴天続き!

昨日からはじまりました、第16回信楽セラミック・アート・マーケット in 陶芸の森 2011も
はや、2日が過ぎました。
おかげさまで、当ブースも「かわいい〜」「へぇ〜」と言う、褒め言葉を頂き、
毎日楽しく、そして、勉強をさせていただいております。

昨日、本日と足を止めていただいたみなさまありがとうございました。
また、不慣れな対応で申し訳ございません。

そして、ご購入いただきましたみなさま本当にありがとうございました。
心より、感謝とお礼を申し上げます。

そして、友人、知人には普段とちがった私を少し感じていただいたでしょうか???
本当にありがとうございました。
友情に感謝申し上げます。

明日、最終日です。
みなさまのおこしをお待ちしております。
[PR]
by kaeruyasun | 2011-10-10 00:35 | 日記

かえるまつり報告

いろんな出会いがありました。
行って良かった〜
出店して良かった〜

毎年、行ってはいるんですが、滞在するのは精々2時間程度です。

今回はちがった見方ができました。

まず、来られている方のほとんどがカエラー。
何らかの形でカエルグッズを身につけておられます。
服の絵柄、カバン、指輪、驚いたのは、爪まで、
まさしく!カエラーのお祭りです。

今回初めての参加で、めっちゃ不安でした。

朝、搬入の30分前に会場入りしましたが、
どこまで、車で入って良いのか、搬入の仕方など。。

私より前に来られていた毎年出店されておられるので
「アッこの人知ってる」ってひとにお聞きすると
親切に段取りなどを教えてくださいました。

そして、受付を済ませ、
搬入です。ひとりなのでたいへんでした。
さっそく、隣の方とお話。。
月蛙工房さんです。
神戸からおこしだそうで、
月蛙工房さんも初めての出店で、よりいっそうお互い交流をさせていただきました。
たまたま二日目も、お隣でした。
おまけに、搬入、搬出がたいへんなので、押し車を貸していただきました。
「月蛙工房さんありがとうございました。」
お別れの時にまた、来年お会いしましょうと硬い握手で再会を誓いました。

まつり期間中。店番は私ひとりなので
なかなか、他の出店者さんの所に行けなかったのですが、

小さい時からの近所のお姉ちゃん的な
お友達が覗きにきてくれました。

少しの間、彼女と彼女の娘さんにお店を任せて
一周りさせていただきました。

まりべさん
いきなり、「これなにで創ってるんですか?」
「銀粘土です!」
それから、しばらくご説明いただき、
後で、私の所にもおこしくださいました。
お綺麗な方でした。
まりべさんありがとうございました。

そして、
革細工の
ゴジさん
革細工で蛙の足の折りたたみのところが「まいった!」でした。
良く考えておられます。
ちなみに、お伺いしたときはその場で制作をされていました。
本人談「売れるって思って無かったのが売れて、今創っています!」とのこと・・・

その他色々と私のへんな質問にお答えいただいた
みなさまありがとうございました。

もっとご紹介をしたいのですが、
是非、来年はご自分で松本のかえるまつりへ、おこし頂き、是非、見てください。

あと、カエラーの中ではカリスマ的な存在の100年かえる館の高山ビッキさんとお話できたのが
光栄でした。ビッキさんからお声がけ頂き、ありがたい事です。
「信楽のシクヤさんの宇田さん」って。。感激でした。
お綺麗な方でした。
ビッキさんの講演をお聞きしたかったのですが、
出店中なので。。残念。
今度、東京に行った時は必ずお話しに行きます!

今回は私にとっては、本当に刺激になる2日間でした。
仕事人のみなさま本当にありがとうございました。
そして、松本の方、全国のカエラーの方、縄手通りの方、本当にありがとうございました。
来年、お会いすることを楽しみにしております。


・・・・
・・・
その後、たいへんな地震がありました。
長野、松本、縄手のみなさま、女鳥羽川、大丈夫でしょうか?
心配です。
[PR]
by kaeruyasun | 2011-07-07 02:44 | 日記

皆さまに御利益を・・

信楽焼の蛙屋の日々をご紹介していこうと思います。
どうぞ、お付き合いのほどよろしくお願いします。

a0181120_23403234.jpg


写真は一番小さい蛙です。
このように互い違いにならべてから釉薬をかけます。
結構手間がいるんです。

目は一つずつ筆で色づけするんです。

お財布の中に入れていただくと
「お金がカエル」と言われています。
[PR]
by kaeruyasun | 2011-01-23 23:47 | 日記