タグ:松本かえるまつり 2012 ( 1 ) タグの人気記事

かえるまつりありがとうございました!

6月23、24日の二日間「第11回松本かえるまつり」に行ってきました!
前日の23時に信楽を出発。
経費を押さえようと、彦根ICまで下道で・・
下道でも時間帯のせいか、彦根まで意外と早かったです。
2時半頃、ノンストップで松本ひとつ手前のSAに到着。そして仮眠。
翌朝、搬入受付8時30分に併せて出発。
8時になわて通りに到着。
受付時間がまだなので
少しウロウロ。

a0181120_23535232.jpg

ナワテ通り商店街。
まだ、お店は開いていません。これからカエラーで賑わいます。

a0181120_23533216.jpg

これが、かつてカジカガエルが生息していた女鳥羽川です。

a0181120_23554394.jpg


a0181120_043988.jpg


a0181120_045477.jpg

ナワテ通り入り口にある、かえるまつりのシンボル。
今年は、補修されたので最初の頃に蘇りました。
スタッフのみなさんご苦労さまでした。

そうこうしている間に。。オヤ・・?
見慣れた顔が一年ぶりに・・・
「久しぶりです!」ってお互い握手。
昨年、2日間ともブースがお隣だった、「月蛙工房さん」

そして、受付を済ませ、2日間のブース場所の地図を頂く。
昨年同様、「月蛙工房さん」とまたとなり・・
何かの縁だ・・
と、言うか一安心。

昨年おとなりだったので色々お話させて頂いていた会話の中で、
「うちにも信楽焼のカエルがあるけど、シクヤさんのかなぁ?」って話をしていたのですが、
今年はわざわざ、そのご自宅のカエルを持参して下さいました。
「これ、うちにあるカエルです。シクヤさんの?」
間違いなく
「うちのカエルです。」うちで作った、それも、初期頃の3号カエル。
色合い、生地、子供の足の書き方などを見るとだいたいわかります。
わざわざ持参して下さったのが嬉しい。。。

そして、ひとつ挟んでおとなりは
藤森手づくり市でご一緒させていただいている、いつも仲の良いご夫妻の「空工房さん」でした。

長野県に来て、関西同士。またまた安心。

そして、10時の開店を待たずしてたくさんのカエラーさんがお越しになります。

a0181120_032031.jpg

私のブースはこんな感じです。

初日は地元信楽からうちのおとなりのお姉ちゃんと娘さんが来てくれました。
昨年初めて来られて、感動されて、今年も来てくれました。ありがとう!

昨年は初日に雨に見舞われ、大変でしたが、
今年は晴天でした。良かった〜・


一日目はあっという間に終わり、
泊まるホテルを携帯から探したのですが、
おや?松本市内がいっぱいです。
昨年は楽勝に近くのホテルを探せたのですが・・・

で、少し離れた塩尻で泊まることになりました。

ホテルでくつろぎモードでテレビを観ていると、
地元のNHKで、「松本かえるまつり」のニュースが・・
いきなりテレビに写っている・・・

a0181120_0112411.jpg

うちの蚊遣り器だ〜。
このあとも、結構写して頂きました。ラッキー!

そして、二日目も相変わらず「月蛙さん」とおとなり、
このかえるまつりは、2日開催ですが、
両日、ブース場所が違うんです。
二日目はみなさんが口をそろえておっしゃる、良い場所を頂きました。

a0181120_0202865.jpg


ちなみに写真向かって右のおとなりは「T's Favoriteさん」です。
昨年、初出店で、めっちゃ不安で何も分からない私にご親切に色々と教えて頂いたご夫婦です。

二日目は昨日のNHKさん効果が早速。
「昨日テレビで写ってた蚊取り線香の蛙を買って来てって頼まれたの」っておっしゃる
おばさんがご購入頂いたり、
知り合いのお母さんと妹さんがお見えくださりご購入くださったりと、
蚊遣り器は完売でした。
もう少し持っていけば・・というのも、
実は、時期的にいいのではと思い、がんばって作ったのですが、
急いだため、半分が冷め割れしてしまいました。(悔やまれます)
やはり、課題は「余裕を持って」です。

2日目も信楽から友人が駆けつけてくれました。嬉しかったです。
友人にお店を任せて、かえるまつりを満喫させて頂きました。(ありがとう!)

そこで買ったお気に入りです。
a0181120_041954.jpg

ゴジさん」の500円入れです。
ゴジさんの仕事はすごいですし、面白い!

参加して2回目ですが、やはり、かえるづくしは楽しい。
出会う人が何らかの形でどこかにかえるを身に着けておられるさまなど。
しかし、かえる好き(マニア、オタク)のひと以外でも楽しめるまつりとおもいます。
かえる好きではない、私の地元信楽の友達が「行って良かった」と言ってくれています。
多分、彼たちは来年もこのかえるまつりに来てくれる事でしょう。
11回目を迎えられたこのまつりには魅力があります。
とことんこだわっているから。

お詫びと言い訳ですが、私は普段作り手としてお客さまとお会いする機会がありません。
相変わらず、私はひとと話す事が苦手です。
中には、無愛想なヤツやなぁ^って思われた方がおられると思いますが、
経験を積み重ねて、勉強していきたいと思っておりますので
今しばらくご勘弁頂きたいと思います。
こんな私、シクヤ製陶所のブースにたくさんの方がお見え下さり、
ご購入頂きましたみなさま本当にありがとうございました。
また、来年、松本縄手通りでお会いできることを楽しみにしております。
来年のかえるまつりでお会いしましょう!


最後になりますが、少しだけ・・
お客さまの中には「ここ(ナワテ通り)は、なんでカエルなん?」ってお聞きになる方がおられます。私も参加させて頂いているものとして、私なりの解釈ですが。。
この松本かえるまつりの根幹としてあるものは女鳥羽川がカジカ蛙が生息するような
綺麗な川になることです。
そのためにカエル大明神が奉られ、ナワテ通り商店街の活性化を含めた、かえるまつりが開催されるようになったと認識しております。間違っていたらごめんなさい。
a0181120_1273114.jpg




a0181120_053155.jpg

友人のお母さんが記念にとわざわざ地元誌と新聞の切り抜きを持って来てくれました。
[PR]
by kaeruyasun | 2012-06-28 02:13 | ご報告