焼成前・焼成後

シクヤでは現在、100%ガス窯にて焼成しております。
シャットル式2立米2基、0,2立米1基、シャットル式0,8立米1基、
酸化焼成。(温度は1200℃以上)

画像は焼成前(窯詰め)
a0181120_1144228.jpg

棚組は品物の大きさや量によって毎回変わります。

焼成後(窯出し)
a0181120_1174985.jpg


こんな感じです。

以前、忙しい時は大きいカエルの中にも小さいカエルを被せて(入れ子)窯詰めをしていました。

たまたま写真は少し※軽い窯となります。

軽い窯とは?・・空間が多いということで本当はもっとツメツメで隙間なく窯詰めをします。

昨年より取り組んでおりました滋賀県中小企業中央会にお世話になった知的資産経営報告書
ようやく完成いたしました。
ご覧頂ければ当社の事が少しご理解頂けると思います。

作成にあたりご協力頂きましたみなさまありがとうございました。
[PR]
# by kaeruyasun | 2013-03-26 01:23 | ご紹介

3月の藤森手づくり市

少し温かくなりましたね。
信楽は近畿でも極寒で有名なところ。
氷点下の日々を少し脱出できたのかなぁ?ってホッとしてます。
と、言うのもご存知の方もおられると思いますが、
陶器は作りたて(乾いていない状態)「業界では”青い”と言います」の状態で一度凍ってしまうと
いくら修正してもダメなんです。(凍り方にもよりますが、)
ですから、寒い時期になりますと毎日気象情報で気温チェックしております。
凍らせないには・・各窯元にも対処策はあると思いますが、
うちは毛布でおおったり、小物だと発泡スチロールの箱に入れたり、
作業場にストーブ付けておいたりと
大変です。
そんな日々も何とか今年は上手く乗り越えました。

さて、今月も藤森手づくり市に参加します。
3月17日(日)
藤森神社でお待ちしておりま〜す!
[PR]
# by kaeruyasun | 2013-03-09 01:07 | お知らせ

2月の藤森手づくり市行ってきました

いやぁ〜寒かったです。

12、1,月と2ヶ月、所用でお休みをさせて頂いておりました手づくり市
久しぶりなのでとっても楽しみにしていたのですが、
前日より、信楽はちらほらと雪、
明日の手づくり市は冷えそうだなぁ〜??でも信楽よりは
ずーっとマシだろう。。と。。
私自身、地元の冬まつりや冬の信楽の野外イベントはなれているので
まして京都だから大丈夫だろう・・と

朝7時に出発。
当然、車は真から凍っているし(-6℃)、うっすら白くなっている下道もヤバイと思い、
新名神で、京都へ。いきなり、高速入り口でETCのバーが開かず・・
カードの期限切れでした。

そして京滋バイパスを乗り継いで約40くらいで到着。
久しぶりだなぁ〜って思い。
いつもの場所へ設営開始。

だんだん寒さが身にしみてきている。(カイロを忘れた)
正直、車で暖をとろうかと迷っていたくらい寒かった。

そして、いつも来てくださるおばさんが。
「カエルさん。久しぶり」って来て下さった。
今年初なので「あけましておめでとうございます」って。。。
おかげさまで、このように、いつも気にかけてくださる方ができました。
本当にありがたいことです。

何より、主催者のご夫妻がいつも親切で良い方。

これからもこの藤森手づくり市は私の原点として
大切にしたいと思っています。

また、今回は初の地元信楽から知り合いが来てくれました。
知らない地でのこういった応援は本当に励みになります。

次回は3月17日です。
当然、参加しますので是非お越しください。

寒い中お越しくださったみなさま、そして手づくり市を設営下さっているみなさま
ありがとうございました。



a0181120_0204545.jpg

いつも利用させていただいている八百屋さんで購入したネギを花瓶に・・?
[PR]
# by kaeruyasun | 2013-02-19 00:27 | ご報告

藤森手づくり市

久しぶりとなりますが、
本日、2月17日(日)
藤森手づくり市に参加します。
信楽は相変わらず寒く、雪がちらほら・・・
交通手段はどうしようかなぁ??って悩んでいますが。
藤野神社でお会いしましょう!
[PR]
# by kaeruyasun | 2013-02-17 01:37 | お知らせ

あけましておめでとうございます。

a0181120_2253984.jpg



新年あけましておめでとうございます。

昨年はおかげさまでたくさんの出会いがありました。
今年も「一期一会」を大切にカエルを通してたくさんのひととお出会い出来ることを願ってがんばります。
今年もどうぞシクヤ製陶所をよろしくお願いします。
[PR]
# by kaeruyasun | 2013-01-02 02:26 | 日記